意外と忘れがち!覚えておきたい本屋でのマナー

立ち読みをして邪魔にならないようにする

マナーと言うのは、ビジネスの場や食事の席、電車の中など、場所や場面によってさまざまなものがあります。よく知られているようなマナーであれば気を付けやすいものですが、あまり知られていないものだと気を付けられないこともあります。例えば、本屋を利用する際のマナーで覚えておきたいことと言えば、何と言っても立ち読みです。お店によっては許されている所もありますが、ずっと同じ場所にとどまって本を読んでいると、その前の棚の本を取りたい人が困ります。

本の上に荷物を置かない

中身を確認することができる状態の本であれば、パラパラとめくって見てみるぐらいは誰でもすることですが、問題は持っている荷物をどうするかです。無神経な人の場合は、本の上にドサリと本を載せていることがあります。こういったことをすると、本が傷む恐れがありますし、その下にある本を他のお客さんが見られなくなってしまいます。なお、お店によってはブックラックの高さが低く、荷物を足下に置いても本が隠れてしまい、他のお客さんの邪魔になる恐れがありますので注意が必要です。

本を丁寧に扱うようにする

本屋では、手に取ったからと言って、必ずしもそれを購入するとは限りません。ちょっと中を見てみたら、自分が思っていたような内容ではなくて、本棚に戻すと言うことはよくあることです。そして、この時に本が傷んでいると、商品価値が下がり、売れにくい状態になってしまうものです。本を手に取った時には、折れぐせをつけたり、本に向かってくしゃみをしたりしないようにして、きれいな状態を保ちながら取り扱うことが大切です。

就業規則は会社に勤務する上でのルールです。しかし現在の日本ではサービス残業という言葉が目立ってきているため、守られていないのが現実であると言えます。