必見!少ない元手で大きな利益を得る信用取引について

信用取引とはどういった取引か

株取引を行う場合には資金が必要となり、その資金分のみの株式を売買することが出来ます。しかし信用取引を行うことによって、準備した資金の最大3倍までの株式を売買することが出来ます。要するに信用取引は少ない元手で大きな利益を上げることが可能な投資手法と言えます。しかし信用取引を行う上で注意しておきたい点は、大きな利益を出すことが出来るということは、損失も大きく膨らんでしまう恐れがあるということです。信用取引を行う場合は現物取引を行う以上にリスク管理をしっかりとしなければいけません。

信用取引の期限は6ヶ月間

信用取引のルールとして必ず6ヶ月以内には清算をしなければいけません。もし値上がりを期待して購入した銘柄の株価が下がってしまった場合には、現物取引だとチャートが反転して値上がりするまでずっと持ち続けることも可能ですが、信用取引でしたら6ヶ月の期限があり6ヶ月を経過した時点で株を持っていた場合には強制的に決済されます。さらに信用取引はお金を借りて取引していますので、6ヶ月の間には金利負担も発生しています。そのため信用取引は短期売買に適した取引手法と言えます。

信用取引の銘柄について

信用取引のメリットもデメリットも把握した上で取引を実行しようとしても、全ての銘柄を信用取引で売買出来る訳ではありません。信用取引では制度信用銘柄と貸借銘柄のみが取引可能で、制度信用銘柄は信用買いは出来ますが信用売りは出来なくて、貸借銘柄は信用買いと信用売りの両方が出来る銘柄となっています。ほぼ全ての銘柄を取引することが可能な信用取引として一般信用取引が有りますが、制度信用取引に比べて金利が高く設定されています。また返済期限も無制限ですので、金利負担には注意しなければいけません。

信用取引とは保有する資産を担保にしてお金を借りて投資することです。最大で保有資産の3倍の額の取引ができることや、株価の下落時にも利益を出せることがメリットです。